忍者ブログ
広島県大崎上島町に現存する櫂伝馬のブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



亀レスで申し訳ございません。

動画のベーストができないので、ご紹介できません。

2010年8月13日に行われました、

東野地区の櫂伝馬競争

古江地区が50年ぶりに優勝しました。


旅する櫂伝馬に続き、東野櫂伝馬競争がおこなわれました。



町興し、櫂伝馬の漕ぎ手を増やすため、自主的に若者が動いてくれました。

櫂伝馬を永続するため、漕ぎ手には もう、地域の境目などありません。

大崎上島の誇りです。



今回もはるばる参加してくれた

みかんさんとも、神戸で会えずじまい。

移動距離が半端じゃない。

(T_T)



結局、夏休みは、わずかな時間でしたが、

大崎上島を後にしました。

今後も

若い人が中心となって、

櫂伝馬を守り続けて戴ければ願います。

「旅する櫂伝馬」の爽快感は、他では味わえることのできなかった偉業だと

思います。


尽力された、みなさんの今後のご健勝をご祈念いたしまして、

お供船を下船したいと思います。


PR

NHKさん

ほんとうに ありがとう ございます。

旅する櫂伝馬プロジェクトに参加するきっかけを話さなければいけません。

YouTubeに東野櫂伝馬競漕の動画をあげたのが、最初のスタートです。

これは、大崎上島HPにあった動画を、ダウンロードして、

島の宣伝のために、アップロードしました。

その動画に、リンク紹介(YouTubeの管理者だと、リック先集計がわかるため)して
くれたのが、旅する櫂伝馬のメンバーである、

啓志さん、カヤックさんでした。(おそらく当人達は、知らないと思いますが、)


一時期は、島の櫂伝馬競漕の周知をかねて動画をあげていましたが、

島の祭りを宣伝に利用する人はいましたが、

まさに、廃れようとしている櫂伝馬を復活させようとする人は、

旅する櫂伝馬の若い人が登場するまでは、いませんでした。





櫂伝馬競漕も年々 漕ぎ手が減り、

あと何年持つかわからない。


こんな、素晴らしい櫂伝馬がこのまま無くなっていいのか?

子供達に櫂伝馬を残すことができないのか?


その答えが、

櫂伝馬で宮島へ

これは、勇気であり、

地域を愛する気持ちの表現であり、

島の人のストレートな気持ちが、凝縮したプロジェクトでした。


旅する櫂伝馬のHPを依頼されたとき、

大崎上島は、合併前から住民の要望の多かった、

交通問題を含め、諸々の山積している諸問題に対しても、

解決できる手段も策もなく、

貴重な7年の歳月が過ぎました。

人口も一万弱から、8500人と、

当初謳っていた「人口一万人を維持」など夢又夢となってしまいました。

だから、自分の中の基準で言えば、「手遅れである」と

判断していました。

しかし、旅する櫂伝馬の勇気ある行動をみて

「助かった」

と思いました。


旅する櫂伝馬の実行委員とは、

地域を愛し、

櫂伝馬を愛し、

同じ大崎上島の一員として、

共感することだと思います。


偶然にも、旅する櫂伝馬の会長と約束していた、

検索エンジンに

「旅する櫂伝馬のHPを一位にするよ。」

の約束が、Googleで、

17夜祭りの前日に、果たすことができました。



これは、私個人が作っているHPではなく、

あくまで、

我々の共有財産である、

櫂伝馬を

大崎上島を

守ろうしてくださる

同士の皆さんのお力添えの結果です。

NHK、広島テレビをはじめ、報道各局も明日も協力してくださります。

でも、地域を維持できるのは、

住民の力

ネットワーク以外に

方法はありません。


私のように祭りに帰りたくても帰れない同胞もたくさんいます。

是非、せっかくできた

櫂伝馬ネットワークです。

相互補完しながら、

この島に櫂伝馬ありき!

を公報していただければと思います。


また、東野住吉祭には、

是非ともスケジュールを合わし、

自分の手で、

動画も、

広報活動をしっかりしたいと思います。


熱く出来る場所、

故郷っていいなと、思います。

啓志さんより、参加します!

との連絡が入りました。

内容は以下のとおり

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

日程:2010年7月18日(日)

10:00 木江港出港
11:00 宮浦港到着
12:00 開会式
13:30~16:30 レース開催
16:30~17:00 表彰式


[鶴姫まつり詳細]

主催:鶴姫まつり実行委員会
後援:今治市、大山祇神社、しまなみ商工会
開催日:7月18日(日) ※小雨決行
開催場所:大三島町宮浦港湾内


[今回のイベントの概要]

「旅する櫂伝馬」の第2段として、鶴姫まつり櫂伝馬レースに参加するために大三島への航海を実施。

三島水軍の本拠地へ小早川水軍大崎衆が乗り込むイメージ。

それと共に海の神様である大山祇神社の神様への参拝。

レースはトーナメントなので負けたら終わりのガチンコ勝負。

レース後は限られた時間ではあるが大三島や因島など各地域の櫂伝馬の方々と酒を飲んで交流を楽しむ。

[目的]

前回の宮島航海でメディアに数多く取り上げてもらい、大崎上島の櫂伝馬にとってかなりの認知度アップになった。

間髪入れずに第2回目の航海を行うことで更なるPRを期待する。

更に鶴姫まつり櫂伝馬レースには各地域から様々な人達が参加しているので、その人達に向けてかなりのアピールに繋がると考える。

今回の件で櫂伝馬仲間の輪を一気に広げ今後の交流に繋げたい。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

とのことです。

実際、鶴姫まつりには、デンジャラスとして、

今までも、何度も参加してきましたが、

今回は、

旅する櫂伝馬 大崎衆 

として、参加します。



以前、ボイスブログを開設していた時に、

櫂伝馬に関して

大三島の出身の方の要望

「櫂伝馬を通して瀬戸内文化圏」構想の話題があがりましたが

着実に実現するよう、

動きがあるんですね。


大きな、流れを起こすには、

不断の努力が必要です。

人を動かす

ということは、並大抵のことではありません。

大崎衆の行動力には、

驚きます。


公報として、責任を感じますね・・・・。(T_T)



«前のページ]  [HOME]  [次のページ»
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
潮見表カレンダー
お天気
プロフィール
HN:
旅する櫂伝馬実行委員会
性別:
男性
自己紹介:
瀬戸内海のど真ん中
最新トラックバック
解  析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4/Photo by 0501