忍者ブログ
広島県大崎上島町に現存する櫂伝馬のブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

青春18切符で、大阪から竹原まで帰省

お先にお盆休みを頂くことになった。

大崎上島には、半年ぶりの帰省となる


どんこう電車で帰っても、所用時間は、5時間程度。

高速を使って車を運転して帰るより遙かに体が楽、

そして経済的

やっぱり、

尾道は当然として

三原~竹原の呉線の海の見える風景は、

絶景だ!


旅する櫂伝馬も、

鶴姫まつりも、

すべて仕事を口実に不参加(どうしようもない。)

我ながらよく広報活動するものだ。

でも、地元の方、同郷の同士の方々の力強い応援もあり

大崎上島の櫂伝馬の知名度も上がってきた。

みなさんに感謝するとともに、

やはり、みなさん

同じ思いだと思いますが、

「櫂伝馬だけは、他の地域には譲れんぞ!」

というプライドがある。


そんなわけで、

やっとこさ、我が故郷 大崎上島へ

たまには、ちゃんと公報活動しないと、いかんわ!


今回も、インターネットで時刻検索していたから、

ほとんど、シームレスに時間待ちはなかった。

竹原駅からバスで、竹原港へ

そして、大崎上島の垂水港へ、

お昼1時過ぎに到着

しかし、おと姫バスは、目の前に留まっていたけれど、

木江方向には行かない!逆方向へまわるみたいだ!

一時間ほどまたなきゃいけない!

垂水でちょっと時間を使おうと思っても、

食事をする喫茶店も、店もない。

それなら、

「隣の白水まで歩いていこう!」

炎天下の中

ドリンクをがぶがぶ飲みながら、白水港へ

歩いて行く。


町は、もう飾りも終わり、

すっかり、祭りの準備はOKだ。



澄みきった空の青さ、

そして、マリンブル-の海



こんな綺麗な海で、

伝統行事の櫂伝馬が行われるなんて

言葉で表現できないぐらい、素晴らしいことだ。




さっきから、

エイサ、ドン、エイサ、ドン

と櫂伝馬のかけ声と太鼓の音がするような気がする。

慌てて早足で、音を確認に行く。



なんと、この炎天下の中

櫂伝馬の練習が、白水港の役場前で行われていた!

女性の方に、

「櫂伝馬の祭りの練習を今しているのですか?」

と尋ねると、

「中学生の生徒に櫂伝馬の体験学習をしているんですよ。」

「ラッキーですね。今日初めて練習しているんですよ。」

と返事が返ってきた。

しかも、櫂伝馬を教えているのは、

地元の先生達!

旧東野町は、はやい時期から櫂伝馬の体験学習をされていたそうだ。

さすが、本場と頷いた。




白水前の、船島まで、何度も往復している。




東野地区は、やはり、櫂伝馬に対する取組が違う!

先生もしっかり櫂伝馬の主櫂をこなしている。

いや~

おそるべし、東野地区

櫂伝馬の実践練習を先生がこなしているなんて驚きでした。

櫂伝馬の話はこの後も、

まだ

まだ、

続きますよ!  
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
潮見表カレンダー
お天気
プロフィール
HN:
旅する櫂伝馬実行委員会
性別:
男性
自己紹介:
瀬戸内海のど真ん中
最新トラックバック
解  析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4/Photo by 0501