忍者ブログ
広島県大崎上島町に現存する櫂伝馬のブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大崎上島に到着して、


啓志君に電話


「今日は、ちょうど、櫂伝馬競漕のレースの予行演習があるんですよ!」

「白水のところで、夜7時ぐらいから、みんなが集まりますので、見に来てください!」


との情報を頂いたので、さっそく、白水港へ

車が駐車できる場所があったので、その場所に車を止め

近くの防波堤で櫂伝馬の登場をまった。

しかし、二子島の夕焼けは、絶品だ。

惜しのは、火力発電所の巨大な煙突

あれでは、バカボンの漫画の世界じゃないか。

愚痴ってもしかたがないけれど、




櫂伝馬を待つためにいた場所が、

ちょうど、岡本醤油さんの前だったので、

偶然にも、おやじさんをはじめ、奥様、そしてご近所の方も、

櫂伝馬を見に海岸に出てこられた。




岡本醤油のおやじさんとしばし談笑

「今年は、櫂伝馬はどうですの?」

「う~ん、昔は、東野だけでやっとんたんですが、

今は、この島の若い人がみんなあつまって櫂伝馬にのってもらってます。」




「櫂伝馬、いうのは難しいんですよ。」

「水主は、背中向けて漕がないといけんでしょう。」

「水主は、前をみて漕ぐと力がはいらんようになっとるんです。」

「船頭との信頼関係がないと、すすまんのです。力がはいらんから」

「船頭は、みんなに信頼されとらんと、できんのですよ。」

「太鼓と、かけ声と気持ちが、一緒になって初めて櫂伝馬は早う動くんですよ。」

「櫂伝馬はまさに、団体競漕ですね。」と私





「そうなんですよ。」

「みんなで漕いで勝ったときの気持ちは、えもいわれんですよ。」

おやじさんには、まるで現役のように熱く語って頂いた。

感謝!

大三島の宗方で聞いた長老の櫂伝馬の体験談とほとんど同じ意見だ。


「櫂を漕ぐ」

これは、特別な体験なんだ。



夕日も落ち

まさに夜になろうとしている海面で、

櫂伝馬を漕ぐのはどんな気持ちなのだろう。

船頭は、海面での位置を長い間の訓練で把握しているんだろう。


瀬戸内海の島々は、櫂伝馬の太鼓の音がこだまして、かけ声と伴に、

命を吹き込まれる。

天然の舞台ができあがる。



夕日もなくなり、完全に夜となった。

白水港に櫂伝馬を漕ぎに、メンバーが100人近く集まってきた。

夜の櫂伝馬競漕の練習

船首と、船尾につけたライト以外に、明かりはない。

水主は、船頭を信じ、一心に櫂を漕ぐ

信頼+太鼓のリズムは水主が櫂を漕ぐための心臓だ。

いきなり、リズムが狂った櫂伝馬が一艘、スタートを失敗した。

皆が、信じなければ、櫂伝馬は前にちゃんと進まない。

「おら、しっかり漕がんか!」

「もう、一回いくど!」

船頭のかけ声と伴に、

「エイサ、ドン、オラ、ヨイサ!」

14人の水主達が、水しぶきをあげ

暗闇の海面の中、櫂伝馬を漕ぎだした。

しかし、奥が深いよ。

櫂伝馬は。



そう思いつつ、 結局は、啓志君と遭って櫂伝馬の話を聞けないままとなってしまった。

でも、有田さんも、漕ぎにきてくれる!

色々な熱い人達が、地域を盛り上げてくれる。

海のネットワークに偶然などあり得ない。

すべて、コントロールされている。

ワシもそうなんだろうね。

もうすぐ、住吉祭が始まる。

是非、熱い男達の生き様を多くの人にご覧頂けたらと思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
潮見表カレンダー
お天気
プロフィール
HN:
旅する櫂伝馬実行委員会
性別:
男性
自己紹介:
瀬戸内海のど真ん中
最新トラックバック
解  析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4/Photo by 0501